解決事例

【不動産・建築】オーナーに対し家賃減額を認めさせた事例

解決事例

相談前

不動産賃借をしているテナントから、現在の賃料が相場と比べて高すぎるので安くできないかと相談を受けました。

相談後

まず賃料減額を求める調停の申立てを行いました。
当方は不動産鑑定書等を証拠提出し、近隣相場に比して賃料が高すぎることを主張しました。

しかし、オーナーが了承せず調停がまとまらなかったので、続いて訴訟提起をしました。
その後訴訟手続内で、現行賃料より減額するという内容で和解が成立しました。

弁護士からのコメント

賃料は定期的に発生する多額の費用として、財務上の影響力が大きいです。
近隣相場に比して不相当な賃料については減額(又は増額)を請求することができますので、弁護士までご相談下さい。