解決事例

【不動産・建築】ビルオーナーからテナントに対する明渡請求を退ける

解決事例

相談前

商業ビルのテナントから、ビルオーナーから賃貸借契約の更新拒絶を理由とする建物明渡請求訴訟を提起されてしまったというご相談を受けました。

相談後

借地借家法上賃貸借契約の更新拒絶のためには、建物使用の必要性、賃貸借に関する従前の経過、立退料の有無等を考慮して、更新拒絶に正当性が認められなければなりません。

そこで訴訟では、相手方に建物使用の必要性がないこと、従前賃料の滞納はなく、利用方法にも問題がなかったこと等を強調し、相手方の更新拒絶には正当性が認められないと争いました。
裁判官も当方の主張を支持したことから、最終的に相手方は、建物明渡請求を諦め、今後の依頼者の賃借利用を認める旨の和解が成立しました。

弁護士からのコメント

賃貸借契約に関する問題は今後の事業や生活に重大な影響をもたらすものです。何か問題が生じた場合は速やかに弁護士までご相談下さい。