解決事例

【企業法務・顧問弁護士】元従業員によるライバル会社の設立及び競業行為に対する損害賠償請求

解決事例

相談前

人材派遣会社において、従前の中心メンバーの従業員が社長に秘してライバル企業を設立した上で退職及び移籍し、先の会社の顧客を移転させていったため、深刻な売上減に悩んでいました。

相談後

新会社を設立した元従業員を相手方に損害賠償を求める訴訟を提起し、当方の請求が一定額認められました。

弁護士からのコメント

元従業員による、営業資料の流用、従業員の引き抜き、顧客移転等の不当な競業行為については、その具体的な態様を踏まえた上で、違法な競業行為として損害賠償請求が認められる場合があります。

しかし、この請求の可否はケースバイケースであり、また違法行為と損害との因果関係の立証が困難な場合が多いため、弁護士に依頼することなく事件を解決させるのは極めて困難です。弁護士に早期に相談の上証拠の保全も含めて慎重に対応する必要があります。