解決事例

【遺産相続】相続した債務の債権者対応

解決事例

相談前

依頼者は長年別居していた父親が死亡し、相続しました。後日、親戚から、依頼者の父親に対し医療費等の立替債権を有しているとして500万円の請求を受け、その対応に苦慮していました。

相談後

相手方に内容証明を発送し、その請求の根拠資料の提出を求めました。提出された資料を見たところ、相手方の請求が裁判上認められるような確かな証拠はなかったので、支払いに応じられないと対応しました。最終的には当方に有利な金額で和解解決できました。

弁護士からのコメント

相続が発生した場合、被相続人の債務も継承するため、債権者対応が必要となる場合があります。債権者の主張への対応においては、訴訟になった場合に当方に勝訴の見込があるかという観点から、当方の交渉態度を決める必要があります。このような訴訟を見据えた判断は当職までご相談下さい。
また、弁護士に交渉事件を依頼すれば、解決時には適切な内容の示談書を作成して、後日の紛争の蒸し返しを防ぐことができます。