解決事例

【遺産相続】遺産の帰属を巡るトラブル

解決事例

相談前

依頼者は、父親の相続が発生して20年以上経ってから、その兄から、依頼者が相続した不動産はまだ遺産分割未了であり、その兄も持分を有しているとの請求を受けました。しかし、依頼者は、随分過去のことで記憶が不鮮明である上に、遺産分割協議書は紛失していたため、その対応に困っていました。

相談後

当職から、相手方に対し、相手方の請求には一切応じない旨連絡書面を送り、相手方に請求を諦めさせました。当該連絡書面においては、対象不動産の登記記録上、依頼者は相続発生後まもなく、遺産分割による相続を理由に当該不動産を単独所有していること、依頼者が当該不動産を占有し始めてから既に20年以上経過しているため取得時効が成立していること等を理由に、請求に応じない旨伝えました。

弁護士からのコメント

相続財産が多額にわたる場合、相続が発生してから相当長期間経過した後に、他の相続人から蒸し返し的に過去の遺産相続を争われることがあります。この場合、過去の遺産分割協議の存否、遺産分割協議の有効性、時効の成否といった観点からの考察が必要になります。これらの判断については当職までご相談下さいませ。