解決事例

【離婚・男女問題】夫の不倫相手に対し、慰謝料を請求し、短期間で交渉による解決ができた事例

解決事例

相談前

依頼者は、結婚して10年以上経過した夫婦の妻でしたが、夫の携帯電話の連絡履歴、Suica履歴等から夫が浮気をしている疑いを持ち、探偵会社に夫の行動調査を依頼しました。すると、夫が平日帰宅前に相手方女性の住居を訪問していた事実の証拠写真を得ることが出来ました。一方で、夫は相手方女性宅を訪問してもその日のうちに自宅に帰宅しており、そこで夜を明かすことはありませんでした。また、夫が相手方女性とホテルに滞在した事実に関する証拠もなく、夫と相手方女性との肉体関係を基礎づける確実な証拠は入手できませんでした。

依頼者からは浮気相手の相手方女性に対し慰謝料請求をすること及び今後夫と会わないことを約束させることの要望を受けました。

相談後

代理人弁護士として内容証明郵便を相手方女性に対し発送して依頼者夫が相手方女性の自宅を訪問している事実を示し、不貞関係にあるものとして慰謝料の支払及び今後夫と会わないことを求めました。
これに対し、相手方は依頼者夫が妻帯者であるという事実を知らなかったなどといって当方の要請を拒否しました。
そこで、当方は相手方女性を被告として訴訟を提起しました。

すると、訴訟の第1回期日前に、相手方女性から、当方の求める慰謝料を支払い、さらに今後夫と会わないことを約束するから訴訟を取り下げてほしいとの連絡があり、和解が成立しました。これにより裁判所での審理開始前に当方の要求に沿った解決が出来ました。

弁護士からのコメント

本件は、夫が相手方女性宅を訪問していたことは証拠から分かるものの、女性宅で夜を明かすということまでは確認できませんでした。そのため、仮に相手方女性が、依頼者夫は自宅に来たこともあったが肉体関係はなかったなどと強く反論すれば不貞の立証に失敗するおそれもある事案でした。

しかし、相談を受けて受任してから内容証明の発送、訴訟提起とテンポよく手続を進めて相手方女性にプレッシャーをかけていったことで相手方女性が観念したため、裁判所での審理開始前に当方の要求に沿った形での解決が出来ました。
弁護士に依頼したからこそ早期の解決が出来た事例であったといえます。